過活動膀胱で病院を受診すると、どのような方法で治療をするのでしょうか。 基本的に、症状が軽ければ、薬による治療を行います。 薬は症状が軽ければ、その分、治療効果が高くなりますので、早めに受診するようにしましょう。 治療に主に使われる薬は、抗コリン薬といい、膀胱の収縮を抑える作用があります。 抗コリン薬は、口が渇いたり、尿が出にくくなったり、便秘や発汗などの副作用が起きることもあるでしょう。 また、過活動膀胱のために開発された酒石酸トルテロジンという薬もあり、こちらの薬の方がより副作用が少ないといわれています。 その他にも、前立腺肥大症の治療にも用いられる交感神経α受容体遮断薬が処方されることもあるようです。 薬による治療では効果が得られない場合には、電気や磁気による治療を行うこともあります。 電気などで刺激を与えることで、骨盤底筋の収縮力を強化するという治療法です。 この治療は過活動膀胱だけではなく、腹圧性尿失禁にも効果があるとされています。 このような治療でも改善が見られないような重い症状の場合は、手術が必要となることもあります。